ウェルスダイナミクスの才能、強みを活かす基本思考『自分のゲームを決める』ACミランレジェンド、パオロ・マルディーニの例

in ウェルスダイナミクス/ウェルスフィットネス、内的価値、外的価値/好きを極める生き方/才能 by

自分のゲームを決める重要性

あなたの才能、強みを発見、活かしきるウェルスダイナミクス。シニアプラクティショナーのトモです。

ウェルスダイナミクス、才能、強みを活かす基本思考とも言える『ゲームを決める』。

先日のニュースで『おお!これ!』とガッチリマッチした例がありました。

ACミランレジェンド、パオロ・マルディーニ氏の例をシェアしたいと思います。

そもそも『ゲームを決める』とは?

ウェルスダイナミクスのプロファイルテスト結果レポートの序文、

『ウェルスダイナミクスプロファイルから最大の成果を得るには?』

に記されているもので、読んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

まず自分のゲームがなんであるか理解する、そして決めること。

8つのプロファイル(才能、強みタイプ)をスポーツに例え、

“8つのプロファイルがバスケットボール、サッカー、野球のようにそれぞれ異なるゲームだと考えると、そのルール、ロケーション、勝ち負けを決める方程式はそれぞれ違うことがお分かりになると思います。”

“バスケットボールではボールは手で受け取るもので、足で蹴るものではありません。サッカーで はボールは蹴るもので、受け取るものではありません。富づくりの過程ではこのように相対することが何度も耳に入ってきます。でもどちらも正しいのです。ただゲームの種類が違うだけです。

という内容です。

選ぶゲームを違えると、自分の才能、強みを余すところなく活かし、成功することは難しいんです。

「何年も数学を学んだ後で詩を書くようなものだった」

この例え、あまりにも素晴らしいので使わせてもらおうと思います笑。

49歳プロテニスデビューのサッカー元イタリア代表、完敗し引退へ

サッカー元イタリア代表、ACミランで活躍した「レジェンド」、パオロ・マルディーニ氏がプロテニスに挑戦しました。

残念ながら、結果は完敗。

超一流のサッカー選手もプロテニスでは勝てなかった。成功できなかったのです。

 

この出来事、そして見出しの

「何年も数学を学んだ後で詩を書くようなものだった」

から人生のゲームを決めることの重要性を学ぶことが出来ます。

あなたのゲームは何ですか?

そして、いまPlayしているゲーム、それはあなたの才能、強みを発揮し、余すところなく使えるものでしょうか?

 

好きなことって、好きなだけやってもイイんだぜ。

あなたも一緒に、どうスか!?

『自分のやりたい事をするために命を使わなきゃあ人生の意味がない。』 人生を味わい尽くすために。 趣味=仕事、仕事=趣味。趣味も仕事も区別なし、好きなことを好きなだけやって生きてます。 好きなことって、好きなだけやってもイイんだぜ。一歩前に踏み出せないあなたも一緒に、どうスか!? ➡GO PROFILEGO HOME

Latest from ウェルスダイナミクス

ウェルスダイナミクス、人脈、ネットワーク=Ultimate Investment、究極の投資

究極の投資、それはネットワーク。 ネットワークを作ることこそ最高級の投資、ということです。 なぜでしょうか? それは、使えば使うほど増えていく、 信頼が増してますます強力なものになっていく、 お互い喜ぶ=共栄(富の方程式) いろんなひととやっていく事により、使うことによりますます…

ウェルスダイナミクス、アキュムレーター的わらしべ長者、価値を選び、コツコツと育てていく。

確実、着実に育っていく価値 アキュムレータープロファイルは蓄財家。 そして継続力が性質の強みとしてフォーカスされます。 こつこつと材料を蓄え、積み上げ、それを元手に富をじっくり育てていきます。   自分にとっての価値が高いものを選びとり、その価値を高めていく。 (自分に…

ウェルスダイナミクス、健康=内的価値以前の問題です!

フィジカルフィットネス>ウェルスフィットネス 内的価値を支えるのは健康。 健康でなければ、内的価値どころじゃないんですよね。 当たり前なんだけど、内的価値より先立つものと認識すると、改めてその重要度の高さを思い知った次第です。   ウェルスフィットネスも重要ですが、それ…

ウェルスダイナミクス=共栄、一言で表すと最新版。

これが最新の表現。 (共存)共栄に役立つもの、という表現です。 共に栄える、これ、富の方程式ですね。 これは自分の内的価値の目的にも組み込まれています。   いつも平易な表現がないか追求しているんです。 一つ前は『富の方程式を成り立たせるための原理原則』だったんですが、…

やっぱり適材適所、餅は餅屋、ウェルスダイナミクスで自分の得意なことにフォーカスすべし。

やっぱり適材適所、餅は餅屋。 自分の得意とすることにフォーカスすることにより、フローに乗ることが出来ます。 そしてそれは、周囲にも影響します。   流れの方向を見誤ってしまうと、まず自分がキツいですよね。 さらに、本来の能力を発揮し他のひとに貢献できないということは組織…