自分が何をしたいかより、皆が求めるものに自分は何が出来るか。リチャード・ブランソンの好例より。

in リチャード・ブランソン/好きを極める生き方 by

自分はどう貢献できるか?

好きを追求して幸せになるウェルスダイナミクス、クリエイターのトモです。

『そうか〜、ズレてんな〜、オレは…』

ウェルスダイナミクス創始ロジャー・ハミルトンのコーチングを受けてから、考え方がシフトしてます。

(ロジャーコーチングについてはまた今度書きます。)

そう、自分が何をしたいかより、皆のために自分がどう役に立てるか、なのですよね。

リチャード・ブランソンの好例

自分のウェルスダイナミクスのプロファイルは『クリエイター』。

で、クリエイターも『外向型、内向型』に別れるんですよね。

自分は外向型クリエイター、そして、外向型クリエイターの成功者の代表がリチャード・ブランソン。

 

そのリチャード・ブランソンの若き頃のビジネススタートにまつわるストーリーが今の自分にグッと響きました。

リチャード・ブランソンという男を知ってますか? – イーロン・マスクのすすめ

このブログからです。調べててヒットしたブログだけど、他の記事も面白い。

で、ここから引用。

 

“彼が手がけた最初のビジネスは18歳のときにおこなった雑誌の発行。

60年代、学生たちは発言の場を求めていました。

そんな中リチャード・ブランソンはStudentと名づけた雑誌を発行して彼らの需要に答えたのです。

Studentはイギリスのマスコミから注目され、この活動を通して彼は様々なミュージシャンたちと出会います。

この経験がヴァージン・レコード立ち上げに活きてくるわけですね。”

『ううむ…』とうなってしまった。

見事な、ニーズに応え、そこから生まれたオポチュニティ(機会)がその後の人生に影響している好例。

 

そう、まず何が求められてて、自分がどうすればそれに応えられるか。

そこからオポチュニティは生まれます。

まず、自分が何をしたいかより、皆が求めるものに自分は何が出来るか。

それを追究していきたいな、と思ってる今日この頃です。

 

好きなことって、好きなだけやってもイイんだぜ。

あなたも一緒に、どうスか!?

『自分のやりたい事をするために命を使わなきゃあ人生の意味がない。』 人生を味わい尽くすために。 趣味=仕事、仕事=趣味。趣味も仕事も区別なし、好きなことを好きなだけやって生きてます。 好きなことって、好きなだけやってもイイんだぜ。一歩前に踏み出せないあなたも一緒に、どうスか!? ➡GO PROFILEGO HOME